メインイメージ画像

フード関係のアルバイトというと時間がある高校生にもどのような志望動機で採用面接に行く人が多いのでしょうか

フード関係のアルバイトというと時間がある高校生にもどのような志望動機で採用面接に行く人が多いのでしょうか。アルバイトの場合、志望動機を作るのに悩んだ経験がある人もいるでしょう。空白にしないで、明確な目的を記入しましょう。給料が良い場合は、どんな理由で稼がないといけないのか理由を具体的に言いましょう。交際費を稼ぐためという風に、わかりやすく言うと継続的に勤務するイメージが伝わります。複数の希望者がいると志望動機が大事なのでちゃんと用意したいですね。

イメージ画像

アルバイトの面接をする時に、一般常識のテストをする企業があります。簡単な計算や性格を診断するペーパーテストが主であることが多々あるようですが、会社はこのような試験をどれほど重視するのでしょうか。企業によって異なっていますが、試験内容は義務教育の程度のことがほとんどです。一般常識があるかどうかのテストということです。とはいえペーパーテストの点よりも面接での応対を見ることが大多数です。いくら試験で良い点をとったとしても、面接中の態度があまり良くなければ落とされる可能性も上がってしまうかもしれません。

自分のライフスタイルに合ったアルバイトができるといったことから、正規雇用ではなくフリーターとして働く方が増えています。自分の夢を優先したいといった人や、子育てが落ち着いて社会復帰したいと考えている主婦の方などに人気のようです。曜日や時間を指定して働くことや、自分の都合の良い勤務先を選択してアルバイトできるといったことなどもメリットとして挙げることができます。様々な会社で沢山の職業にチャレンジしたいという人にも向いているでしょう。同様のアルバイトでも、短期アルバイトや長期間できるアルバイトもあるので、自身に合った職場を見つけることも可能です。

アルバイトをしたい場所が決定したら、最初に面接を受けなければいけないでしょう。相手に良いイメージを与えるためには、チェックをしておかなければならない点が何点かあります。まず面接をしてもらう時刻と面接をする場所です。遅刻をすることは絶対にダメなので、移動時間も頭に入れておきましょう。落ち着いた服装ではっきりと質問に返答ができるように、イメトレも怠らないようにしましょう。また更に履歴書に書いていることは暗記して、詳しい説明が出来るように準備をしなくてはならないでしょう。余裕を持って行動して、寸前に慌てないように下準備をすることが重要です。